遺骨の納め方

遺骨を指輪に埋封する手順をご案内します。
■作業そのものは10分程度ですが、樹脂が固まるのに30分程度かかります。

 

 

■ご自身でご遺骨を納めることができますので、どこかに郵送する必要がありません。
■どなたでも簡単に出来る作業です。※詳しい作業手順の説明書もお付けします。
■ご自身で心を込めて完成させた指輪は愛着がわき一生の宝物になるでしょう。

 


■まず、最初に作業に必要な物をご用意いただきます。
ご遺骨(米粒3〜4粒程度の量)、小さいお皿かお碗(セトモノ製)、スプーン(金属製)、指輪に同梱されている樹脂キットを用意します。

 

■付属の樹脂は、紫外線に反応して硬化しますので、昼間に作業を行うようにしてください。
付属の説明書を見ながら作業を進めてください。

 

 

■ご用意いただいたお皿の裏の部分に、遺骨を置き、スプーンの腹の部分を押し付けて、お好みの大きさになるように細かくします。
■大きめのかけらを4〜5粒入れるか、細かい粒状にするか、お好みでいいですが、粉末状にしてしまうと、樹脂が遺骨と遺骨の間に入り込まなくなります。

【 ワンポイントアドバイス 】
■遺骨は、なるべく色の白いものを選ぶと仕上がった時にきれいに見えます。
■遺骨を少なめに細かくして、指輪の窪みに納めながら、適量に調整すれば、無駄に砕かなくて済みます。

 

■細かくした遺骨を付属の紙を使い、指輪の窪みに納めていきます。
■なるべく均等になるように、また、遺骨が指輪の面より飛び出さないように納めていきます。
(指輪を横から見て、遺骨の方が指輪の面より飛び出ている場合は、少し取り除いてください。また、窪みの底の地金が見えるようでしたら、足してください。)

【 ワンポイントアドバイス 】

遺骨は、指輪の面より低くなるように並べて下さい(樹脂が乗るスペースを考える)
■樹脂を流し込む際に、遺骨が多少動く可能性がありますので、あまり神経質にならずにざっくりと平らにしてください。

 

 

樹脂を遺骨の上からまんべんなく、少しずつ流し込んでいきます。
遺骨がすべて樹脂で覆われ、樹脂の表面が指輪の面と同じくらいにします。
■もし、樹脂を多く入れすぎて窪みからはみ出してしまったら、付属の紙で指輪の面を滑らすようにして余分な樹脂を取り除いてください。
(この際、横の面に付いた分やはみ出した樹脂は、拭き取ってください。)

【 ワンポイントアドバイス 】
■樹脂は、表面張力で指輪の面より盛り上がる傾向がありますので、少ないかなと思うくらいでちょうどいいと思います。

 

樹脂は紫外線で硬化しますので、窓越ではなく、直接日差しのある場所に指輪を立てた状態(樹脂の部分が下になるように)で30分程度放置しておきます。

【 ワンポイントアドバイス 】

樹脂は紫外線で硬化します。 
窓越しですと、窓自体が紫外線カットになっていて固まらない場合がありますので、なるべく外に置いてください。

 

これで世界に1つしかないオリジナルリングの完成です。
■どなたでも簡単に出来る作業です。
※詳しい作業手順の説明書はお付けします。
■ご自身で心を込めて完成させた指輪は愛着がわき一生の宝物になるでしょう。

 


完全防水なので、24時間、365日いつでも一緒にいることが出来ます。

 

 

 

■遺骨を郵送する必要がありません。

 

■遺骨の部分、大きさ、色合いなど自分で選ぶことができます。

 

■気持ちを込めて遺骨を納める事ができます。

 

 


■基本的には、ご自身で「気持ちを込めて」遺骨を納めていただきたいのですが、どうしても作業が困難な方は、当店が作業の代行をいたします。
代行作業料・・・6,000円(送料・代引き手数料含)でお受けいたします。
※遺骨の郵送中のトラブルに関しましては、責任を負いかねますので、予めご了承お願いいたします。

 

 

防水仕様の遺骨を納めるペンダントもあります。