エンゼルリング 商品開発ストーリー

 

はじめまして。有限会社エーアイ飯澤と申します。
2006年11月からインターネットで、遺骨を納めるペンダント(エンゼルペンダント)の販売をし始め、いままでに15,000人以上の方にご愛用いただいております。
この度は、ある事をきっかけに、遺骨を納める指輪(エンゼルリング)を開発、販売することになりました。


 

きっかけ・・・

 

遺骨を納める指輪(エンゼルリング)を作るきっかけは、13年間家族の一員として生活してきた愛犬の死です。
慢性腎不全だったのですが、3日前までは散歩にも行っていました。
ところが、急にけいれんを頻繁に起こすようになり、いろいろ手を尽くしましたが、あっけなく逝ってしまいました。
それから間もなく、娘が遺骨を納める指輪がほしい。と言い始め、結局、私を除く家族がインターネットで注文したのですが・・・

 

遺骨を郵送することが・・・

 

遺骨を指輪に納める際には、郵送するか、直接持って行くか、どちらかを選択するのというものでした。
我が家では、遺骨を郵送する事に少し不安があったので、結局、車で片道2時間をかけて持ち込み、遺骨を埋封する作業時間4時間を近所でつぶし、1日がかりになってしまいました。
注文してから指輪を受け取るまで、1か月ちょっとかかったのですが、色々なサイトを調べてみても、遺骨は郵送、納期は1か月以上という所がほとんどでした。
そんな時に、ふと頭をよぎったのは「遺骨を埋封する作業は自分でできないものか」という事でした。

 

自分で作ってしまおう・・・

 

今回私だけが注文しなかったのは、デザインが女性向けのようなものが多く、ピンとくるようなデザインが無かった事が大きな要因でした。
そこで、商品化を頭の片隅に置き、お付き合いのあるアクセサリー製造会社に相談しながら、永年愛用しても飽きのこないシンプルなデザインもの、老若男女を問わずさりげなく身に付けられるものを目指し、制作を開始しました。
何度か、遺骨を納める部分や横の厚みなど修正していただき、やっと納得がいくデザインのものが出来上がり、早速、愛犬の遺骨を樹脂を使って埋封したところ、意外と簡単にきれいに仕上がりました。
作業的には、遺骨を納めるのは10分〜15分で出来ました。ただ、樹脂が固まるのに30分程度放置しなければいけませんでしたが・・・。
「これなら誰にでも簡単に出来そうだし、遺骨を郵送する必要もない、遺骨も自分で選んで好きな時に気持ちを込めて作業が出来る。」と思い商品化を決意しました。

 

 

左の写真が実際に私が遺骨を納め、愛用している指輪です。

 

※黒ずみは、実験も兼ねて、わざと出してみました。

 

実際に愛用して思うことは・・・

 

気持ちを込めて自分で遺骨を納めたこともあり、とても愛着がわき、今でも常に身に付けています。
実際に愛用してみて思うことは、仕事や趣味の水泳の時も邪魔にならないという事、寝る時もペンダントのように外す必要がないのがとても楽です。
また、失くす心配がないという点もいいと思います。
指輪なので、常に密着してる感覚かあり「いつも一緒にいる」と思え、なんとなく気持ちも安らぐような気がします。

 

エンゼルリングの目的は…

 

エンゼルリングの目的は、大切なものを失った悲しみや不安な気持ちを、この指輪を付けた時の「いつも一緒にいる」「ずっと一緒にいる事ができる」という安心感で、少しでも和らげていただきたい。というものです。
これは、以前より販売させていただいている「エンゼルペンダント」と同じですが、必要とされている方の少しでもお役に立てますように、熱意をもって取り組んでいきたいと考えています。

 

お詫び・・・

 

インターネットでは、実際の商品を手に取ってご覧いただくことができませんので、できるだけ分かりやすく、細かい部分も詳しく説明しているつもりですが、ホームページを私自身が制作しているため、見づらい部分や分かりづらい部分も多々あると思います。
気持ちが伝わるものを目指し、向上するよう、日々努力している最中ですので、ご容赦ください。

 

■このページを最後までご覧いただきありがとうございました。
私は、文章を書くのがあまり得意ではありませんので、読みづらい部分もあったと思いますが、気持ちだけは伝わったことを願っています。

 

 

 

防水仕様の遺骨を納めるペンダントもあります。